恥ずかしいことが、
一番面白い。

師走の短編上映会

Date : 5th November 2016

師走、月のはなれで短編映画を2本上映します。
「鰤の大晦日」(ぶりのおおみそか)は、師走にお歳暮のブリをもらった夫婦の物語、「風船の行方」は母と娘が過ごしたある夜の出来事について。どちらも、日々の日常に突然訪れる、ささやかなドラマを描いています。年に1度しか味わえない師走の空気のなか、ぜひ美味しいお酒と食事を味わいながら、短編映画を観てこの師走を実感してください。上映後には、監督とのQ&A、作曲者によるライブ演奏もご用意しております。師走といっても、走らず焦らず(笑)、ゆっくりと会場へお越しください。

「風船の行方」(2006年製作作品) 19分
私はお母さんに、ずっと聞きたかったことがある。あの夜、お母さんは幼い私を一人残してレストランを出て行った。あの夜、お母さんは一体、どこへ行っていたの?

「鰤の大晦日」(2014年製作作品) 11分

http://www.rawfilm.jp/buri

・長岡インディーズムービーコンペティション2014奨励賞受賞
・札幌国際短編映画祭2014ジャパン・オフシアター部門上映
・EuroAsia Short Film Festival 2015上映
大晦日、お歳暮でブリをもらった夫婦は、全くの疎遠だった一人暮らしの叔父へブリを届けに行くことになる。師走の東京に灯るささやかな人間模様。

短編映画「鰤の大晦日」公式予告編 from Takeshi Nishiyasu on Vimeo.