恥ずかしいことが、
一番面白い。

カレックス

Date : 11th November 2014

「カレックス?枯れっくす??」

お店のテラスの植物をアレンジしていただいた

庭師の天野慶氏に伺った話。


「カレックス」とは、
カヤツリグサ科の根元から半球状に細く長い葉を広げる植物のこと

月のはなれテラスに静かに植わっています。

日本に入って来た当初、
園芸店にさえ「枯草」と書いて売っていたほどに、

秋になって雑草が枯れた姿と似ている観葉植物のため、

ただ単に雑草が枯れているのでは?と勘違いされそうです。


カレックスは、世界中で2000種類あり、

和名は「スゲ(菅)」

日本にも多く自生しており(自生してるんかい!?)、
害虫もつかず暑さ寒さにも強いので、実は根強い人気があるとのこと。



周りの木々が緑から黄色や赤へ冬支度をするそばで、
ひとつも姿を変えず枯草風情で佇むカレックス。



立役者ではないが、こんな人が組織に一人居てくれたら、

どんなに心強いでしょうか。