恥ずかしいことが、
一番面白い。

ギターアンプは特製品

Date : 22nd October 2014

毎夜20時すぎから、さまざまな楽器の音が月のはなれの一杯に色を添えてくれています。

その中でもギタリストのために用意された月のはなれ所有の楽器が、
この「ギターアンプ」です。

いわゆるエレキギターという電子楽器は、
楽器だけでは本当に小さな音しか鳴りません。
このギターアンプを使用することで、お客様の耳に届く音量を出しているのです。

エレキギターの小さな音の信号を増幅させる機械。

それがこの「ギターアンプ」です。

月のはなれのギターアンプは、市販品にはない、
特別な改造を施されたこだわりの楽器です。

洋服に様々なスタイルや価格、流行やブランドがあるように、ギターアンプにも時代を反映した様々な種類やブランドがあります。

その中で、どの時代でもその存在感が薄れること無くスタンダードと言えるブランドが2つあります。

イギリスの「Marshall(マーシャル)」

アメリカの「Fender(フェンダー)」

月のはなれのギターアンプはその「Fender 」が1964年に製作したアンプですが、なんと「Marshall」アンプの回路が増設されており、
両方のブランドの音が出るよう改造された特製品なのです。

 

アンプについて、
詳しい人も、
詳しくない人も、

長い時を経て尚、紡ぎ出され続ける歴史あるギターアンプの柔らかな音色に包まれてみませんか?