恥ずかしいことが、
一番面白い。

冬至

Date : 22nd December 2014

唐突ですが本日、冬至です。

しかも、19年に一度の「朔旦冬至」(さくたんとうじ)にあたるそうです。

「冬至」とはそもそも、1年の間で昼の時間が最も短くなる日。
昔の中国や日本では冬至の日を「太陽が復活する1年の始まりの日」と考えました。

 

一方の「朔旦(さくたん)」とは、満ち欠けを繰り返す月が最も欠けている新月の日、

「月が復活する日」です。

 

つまり、月と太陽のサイクルから考えて、

19年に1度しかない月と太陽の復活が重なる日のことを「朔旦冬至」と言い、大変めでたいとされています。
月と太陽の復活の日を、どうぞ月のはなれで。
あなたの何かが復活するかも知れません♪