恥ずかしいことが、
一番面白い。

レコードコースター

Date : 28th October 2014

カラフルな色合い、
どこか懐かしい絵、
ついつい読みたくなる文字。

今日紹介するのは、月のはなれで使っているコースター。

その魅力的なデザインは、
アナログ・レコ−ドの真ん中のラべル部分。

アメリカでは、毎年聴けなくなったたくさんのレコードが廃棄されているそうです。
そのレコードを、コースターにリサイクルしたもの。

聴けなくなってしまっても、レコードはやはり魅力的。

このお店にたどり着くまでに、どんな場所で音を奏でてきたのか思いを馳せるのも良し。
ラッキーカラーのコースター占いで、その日の運勢を見るのも良し。
お気に入りのレコード会社を見つけるマニアックな楽しみ方もまた良し。

ただ、
長くグラスを置いておくと、水滴でグラスの底にくっつき、
グラスを持ち上げるとコースターが
「コロン…」
と、なる場合があります。

なので、口元へグラスを運ぶ時は…
小指でコースターを押さえること。

これが必殺技です。